為替の介入というものをご存知でしょうか?日銀が外国為替市場介入(為替介入)をして新聞、雑誌、TV、ヤフー等の記事で見かけたみなさんもたくさんいるでしょう。為替の介入というのは日本の場合、◯財務大臣が円相場の沈着を実現できるように用いる手はずと考えられています。簡潔に言うと、極端な円高または円安の場合に財務大臣の指図のもとに中央銀行(日本銀行)日本円の売り買いをして為替のレートの安定を狙うということです。為替介入(外国為替市場介入)とはいくつか種類があるのです。1.単独介入・・・政府機関や日本銀行が東京での市場において積極的に市場に参加して為替介入をする。2.協調介入・・・複数の通貨当局が相談のうえ各通貨当局の資産を用いみんな一緒にもしくは少しずつ為替介入(外国為替市場介入)を行なう。3.委託介入・・・他の国の通貨当局に対して為替介入を任せる。4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が他の国の通貨当局に代わって外国為替平衡操作(為替介入)を実施する。このような種類があります。いずれの種類の為替の介入も短期に、当面為替のレートに多大な効果を与えると思います。為替介入(外国為替平衡操作)の資金は当然ですが面子をかけているのですからスケールが大きいです。円を例にしてみると、普段は数銭ごとに動く為替相場が大きく変化をするのです。投資家の人であれば一回は体験していると思うのですが、今までは上手に利益(もしくは含み損)が増えている保有高を持っていたところ、保有高が決済となりましたとのことで通達がFX業者の発信でEメールが来ました。どの程度儲けが出たのかな(損益が出たのかな)?と考えつつ決済の情報を確認したところ、自分で思っていたのとは真逆の内容になってしまい驚いてしまったとのパターンがよくありました。介入が行われた時に多く聞いた話です。このように為替の介入が施行されることで市場の傾向と反対の動きをするのです。まして変動する額の大きさはものすごく大きく大幅に動きますので用心が必要なのです。